美容鍼灸やダイエットなど、女性に優しい鍼灸院です。|京都市中京区 鍼灸 スノルノ

美容鍼灸やダイエットなど、女性に優しい鍼灸院です。|京都市中京区 鍼灸 スノルノ

 


ねこブログ近日公開予定

 

鍼灸スノルノの アメブロはこちら

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

肌質の変化

こんにちは。
女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。


今日は肌質の変化について。


みなさんも肌質を良くしたいを思って、日々のお手入れをされていると思います。

でも、なかなか肌質は改善しないという声も聞こえてきます。

「本当に変わるの?」と。

そこで真面目に取り組んだらこんなふうに変わりますということを、お知らせしてみようと思います。

こんなふうに数字で見えてくると、断然うれしくなりますね。
 
 
 
シミ(136) シワ(17)   シミ(109) シワ(19)
キメ(2392) 毛穴(1389)   キメ(918) 毛穴(458)
紫外線シミ(332) ポルフィリン(782)   紫外線シミ(125) ポルフィリン(54)

2017-03-28 16:52:10

脱毛のメカニズム

こんにちは。
女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。


今日は脱毛のメカニズムについて。


通常のヘアサイクルは
成長期  4~6年
退行期  2~3週間
休止期  数ヶ月
  ↓
  脱毛

大体一日に100本から150本抜けます。

それが薄毛サイクルになると
成長期  数ヶ月~1年
退行期  2~3習慣
休止期  数ヶ月
   ↓
  脱毛

成長期が短く、キチンと成長する前に抜けてしまうので、短く細い毛がぬけてしまいます。

枕に短くて細い毛が沢山ついていると、脱毛周期が狂っていると疑います。


原因は男性ホルモンの乱れです。

男性ホルモン(テストステロン)のバランスが乱れる

5αリタクターゼ(酵素)が出て、テストステロンをビジドロテストステロン(強力男性ホルモンDHT)に変えてしまう。
これが脱毛指令を出す。

DHTが受容体と結びついて、TGF-β(脱毛ダンぱく)を再生して脱毛に至る。


このように、脱毛にはサイクルがあり、そして、遺伝子の命令があるから髪がぬけるのです。

男性ホルモンの乱れの原因は

ストレス、食生活、オーバーワークやオーバートレーニングなどです。
日常生活の見直しで、育毛サイクルに戻らせることができます。

今日も最後までお読み下さりありがとうございました。
 

2017-03-18 14:55:13

眠気と糖質

こんにちは。
女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。


現在アトピーの治療で通院されている女性。

先日お話(雑談ではなくて、治療に関する大切なお話)中に、ガクッと「落ちた」感じで、一瞬眠る。

「あれ?」

「眠いの?」



「そうなんです。なんでこんなに眠いのか・・・」

「今日も仕事中に注意されました。ウトウトしているって」


これは問題です。

睡眠不足ではないからです。


彼女の眠気の原因は「糖質」


アトピーの治療で食事を監修していますが、糖質がとても多いのです。

ケーキやおやつだけではなく、体に入って糖質に変わるものは、全て同じと考えます。


ご飯、パン、パスタ、じゃがいも、このように日常的に食事として食べているものも実は糖質なんです。

忙しい朝や、ランチはとくに糖質のオンパレードになっている方が多いです。


女性に多い食事のパターン


朝はフレッシュジュースやスムージーにパン

昼はパスタランチ(パン付き)にドルチェ付き

間食はチョコをひとつまみ

夜ダイエットでサラダのみ。


夜のサラダ以外ほぼ糖質ですから~。


先ほどの女性に聞いてみると、治療に来る前にお腹がすいたから、巻き寿司を食べたと告白。


なっなっなんと、巻き寿司!!


「お寿司はね、ご飯にお砂糖をたっぷりとふりかけてあるから、甘いでしょ?
 今のあなたには必要ない食べ物です~」


このコメントで、「さとうをふりかけている絵が浮かびました。やめます」と。

お寿司は美味しいけれど、糖質制限中にはNG食です。


本人も今週はご飯が多くて、甘いものが食べたくて仕方が無かった。


少し赤みが引いてきて、いい感じだったのに、最近また赤くて・・とぼやいていたけれど、それが自分の食べているもののせいだとわかったみたいで、ある意味よかったです。




糖質が多いと何故眠くなるかはまた別の機会にお話しますね。


今日も最後まで、お読み下さりありがとうございました。



 

2017-03-14 12:40:14

乾燥肌の改善方法は?

こんにちは。
女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。

冬の乾いた空気と暖房のせいで、体はとても乾燥しています。

春先はまだまだその名残で、カピカピに乾燥している方が多いですね。


今日も美容鍼灸でお見えの方のお悩みは「乾燥と脂症」

真逆なんですが、これがお肌の負のスパイラルのひつとでもあります。


この方は、ニキビ、体の吹き出物、痒みなど乾燥由来のお肌のお悩みが多いのです。

スキンケアを聞いてみると


・お湯で顔を洗っている(まあまあ熱いお湯)

・石鹸で洗っている(アルカリ性です。おそらく)

・お風呂上がりに、体にはベビーオイルを塗っている(えっ~!!)



「それが原因です」



それをやめれば随分と解消されますよ。


ポイントの一つは洗顔の方法。


・ぬるま湯を使う

・アルカリ性ではない洗顔料(リトマス試験紙で簡単にチェックできます)をしつかり泡立てて、顔にのせる。

・しばらく放置して、泡のシュワシュワが収まるまで待つ(この時に汚れが浮いてきています)

・最後にやさしくなでるように、洗い流す。

洗顔後に顔が突っ張る、化粧水を大急ぎで入れるという方は、お使いの洗顔料が相当なアルカリ性だと思いますので、ご自分で一度チェックしてみてください。




終わってからコットンでしっかりと化粧水を肌に入れ込む。(手でピシャピシャ入れるのはNG!)




そして、水分補給をしっかりとする。

冬場に唇が乾燥して、カピカピになることがありますが、水分不足のバロメーターです。

リップクリームを塗る前に、しっかりお水を取ることで解消されます。


とくにニキビだからと顔を石鹸であらい過ぎないことが大切です。

大切な皮脂を奪って、乾燥が進みます。

保湿は油分ではなくて、水分です。

油分を顔に塗っていると、酸化してしまいますから。


今日も最後までお読みくださってありがとうございました。

2017-03-06 17:58:22

ミス・ユニバースとアイバン

こんにちは。
女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。

 今日はちょっと嬉しくてコラムを書いてます。

 

私は鍼灸師であり、エステティシャンでもあります。

エステはお肌の事が学びたくて勉強しました。

でも本当にお肌の事が理解できたのはこの先生に出会ってから。

 

先生はメイクアップアーティストなんです。

それもミスニュバースのメイクするくらいの方。

アイバンの雜誌表紙撮影のメイクもこの前したよ~と。

 先日は朝のNHKの特集コーナーで取材を受けているのが放送されてました。

 

縁あって色々教えていただくことができるようになって、先生は東京なんでなかなかお会いできないのですが、今日関西にみえて、久々に直接お話聞けました。

 

肌に何がいいのか?

無添加の意味とそもそも何故無添加を謳うのか?

赤ちゃんのヨダレの話

顔ダニの餌

芸能人のほんとに使ってる物

 

全ては選択の仕方。

生き方に通じるこのお話はとても有意義で、楽しいものでした。

 

私も良いものをどんどんと発信していきたいと思います。

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

2017-03-04 15:51:40

頭皮ケア

こんにちは。

女性に安心の治療院、京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」

院長の成岡玉江です。


最近自分ではまっていることがあります。

「頭皮ケア」

お風呂に入った時に、頭皮に生体電流が流れる機械を2分間当てるだけなのですが、

これがすごくいいのです。

頭皮ケアなのですが、顔が上がります。

以前からヘッドマッサージはお顔に変化がでると人気でしたが、まさにそれ!

当院でも鍼灸治療のコースに髪質改善と育毛のコースがあるのですが、それに使う機械です。


美容鍼灸のメニューに組み込もうかと思う程、顔が変わります。


頭皮もケアできて、髪がキレイになります。


頭皮が疲れていると、まあまあ痛いです。

治療でもてい鍼(刺さない針)を使って、頭を緩めるのですが、これはみさなんに人気です。

本当にスッキリすると言われます。


頭皮ケアはそれに近いものがあるので、髪・お顔・体に効果があって、お得かもしれませんね。

今日も最後までお読みくださってありがとうございました。

2017-02-17 17:33:29

顔面の痙攣

こんにちは。

女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」

院長の成岡玉江です。


まぶたがピクピクするなどの顔面の痙攣。

 

これは、パソコンなどによる眼の疲れや、ストレス、同時にだるさや首のコりなとからと言われますが

原因はよくわからないことが多いです。

 

最も多いのが40代の女性です。

 

ホルモンバレンスの変化なども関係あるのかもしれませんが、ストレスが大きく関係していると思われます。

 

緊張が高まったり、疲れが溜まるとひどくなる場合がおおいようです。

特に、人前で話す場面などは緊張がつよくなるので、痙攣もひどくなるのです。

 

リラックスが大切ですが、なかなかコントロールできるものではないので、辛い疾患です。

 

顔面神経が何らかの理由で圧迫されたりしている器質的な場合もあり、判断が難しいとされています。

 

鍼灸治療では、おもに血流改善でストレスの緩和と首や顔周りの筋肉の緊張を取り除きます。

 

そして当院独自の、関節調整で頚椎や顎、場合によって足首などを調整することで改善に向かいます。

 

体はつながっていると実感できる施術です。

 

つらい症状がおありでしたら、一度ご相談ください。

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

2017-02-13 19:57:31

顔への鍼

[顔への鍼]


こんにちは。
女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。
顔への鍼と言うと最近は美顔鍼を連想される方が多いかと思います。

美容鍼灸も随分と浸透してきてたように思います。

当院ではもちろん美容鍼灸も行っいますが、普通の施術でも顔や頭に鍼を打ちます。

顎関節症
顔面麻痺
目の疲れ
鼻炎や蓄膿
メニエール病

これらの疾患以外でも、打ちます。

先日お見えの男性が、「しばらく来れなくて顔の調子が悪いです」

???


この方は噛み締めが特に酷くて、歯が根元から折れてしまうほど・・

治療に見えるたびに、顔や顎関節に鍼を打つのですが、そうすると何だか口周りが自然と緩んでポカーンと空いてくる感じがするそうです。

忙しくてしばらく治療をしていないと、コンスタントに治療をしている時とでは、噛み締め度が違うとおっしゃいます。

そして、顔の調子が変わるそうです。

あたなもお顔の調子が悪いと感じたら、一度お顔への治療を受けてみてくださいね。

今日も最後までお読みくださってありがとうございました。
 

2017-01-30 16:12:28

冷えと目覚め

[冷えと目覚め]


こんにちは。鍼灸スノルノの成岡です。

寒い時期は体が冷えてなかなか温まらないので、寝付きもわるくなりがちです。

あなたはいかがですか?


寒さを感じるということは(風邪などで悪寒がするのはまた別)

①血液の循環不良

②筋肉の低下

③低体温

特に3の低体温は体の抵抗力を下げ、病気になりやすいカラダになります。

インフルエンザもガンも冷えた体が大好きです。

1度体温が下がると37%免疫力が下がると言われます。

すると、癌やウイルスなどと戦う力が落ちてしまいます
風邪をひきやすくなったり、なかなか治らないなど・・

基礎代謝も落ちるので、あまり食べなくても太ってしまう、なかなか痩せない・・

アレルギー症状もでできます。
アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は、低体温の方が多いです。


朝起きにくいなあというときは、体が冷えて、疲労物質がきちんと排出されていないために、疲れが取れていないと、考えられます。

体の冷えを侮らないでくださいね。

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

2017-01-16 17:40:14

不具合の原因

[不具合の原因]

女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。
 

こんにちは。
今日は原因って何?というお話。

患者さんで80代の男性がいらっしゃいます。
主訴は「ふらつき」

 

心臓疾患、脳血栓、癌、胆嚢除去、大動脈瘤その他いろんな病気をされています。

手足は昔からすごく冷たい。

便秘で浣腸は日常的にしている。

白内障の手術もされていて目も見えにくい。

 

検査の結果はいつも、頭も目も大丈夫。

「血圧のせいかな~?」

「もっと歩いたほうがいいですよ。」

あげくに「効く薬がない」と言われながら、山ほどの薬を処方されて飲んでいる。

 

鍼灸は体の道筋を整えることができます。

だから、施術すると楽になるし、温まる。

 

でも、体を作っているのは栄養。

それが極端に足りてない。

 

食欲がないから、うどんだけ。お寿司だけ。

うなぎはよく食べる。

果物は大好きで毎日欠かさない。

 

こんな食事で、山ほどのお薬を飲んだらどうなるか。

処理するものが何もない。

 

食べるものがどんなに大事か伝えても伝えても、伝わらない。

 

でもいつも「先生なんでこんなしんどいんやろうなあ。バチが当たったんかなあ?」

とおっしゃいます。

 

「ばちと違う。栄養がたりないの!」「薬の飲みすぎ!」

 

長年食べてきたもので病気になる。

だからそれを変えないといけないってことが、理解できないししたくない。

 

「ええもん食べてるんやけどな」

 

ええもんて何?と言いたくなりますね。

 

2016-12-22 16:05:10

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5